2017年04月14日

交読文 カレブの宣言 ヨシュア記14:10-12

交読文 カレブの宣言 ヨシュア記14:10-12 音声チェック済 by 主春 福音

*主が、この言葉をモーセに語られた時から 今まで、イスラエルが荒野を歩いた四十五年間、
*主は言われたように、私を生かしてくださいました。

*私は、今は八十五歳ですが、今もなお、モーセが私を遣わした日のように、元気です。
*私の今の力は、あの時に劣らず、どんな働きにも、戦いにも、堪えることができます。

*それで、主が、あの日 語られた、この山地を、どうか、今、ください。
*あの日、あなたも聞いたように、そこには アナキ人がいて、町々は 大きく、堅固です。

**
しかし、主が、私と共におられて、私は 主が言われたように、彼らを追い払えます。
posted by 主ノ歌姫 at 12:03| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 2列王記19章 ヒゼキヤ王の祈り

交読文 2列王記19章 ヒゼキヤ王の祈り 音声チェック済 by 主春 福音


*ケルビムの上に 座しておられる、イスラエルの神、主よ。
地のすべての国のうちで、ただ あなただけが 神です。あなたは、天と地を造られました。
*主よ、聞いてください。ごらんください。
セナケリブが、生ける神をそしるために 書き送った言葉を、お聞きください。
*主よ、まことに アッシリヤの王たちは、諸国とその民を滅ぼし、その神々を、
火に投げ込みました。
それらは 神ではなく、人が手で作った物で、木や石だから 滅びました。
*私たちの神、主よ、どうぞ、今 私たちを、救い出してください。
そうすれば、国々は皆、主である あなただけが、神であることを 知るでしょう。
posted by 主ノ歌姫 at 12:02| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 1列王記8章 ソロモンの祈り2

交読文 1列王記8章 ソロモンの祈り2 音声チェック済 by 主春 福音

*主は、ほむべきかな。主は、すべて約束されたように、その民、イスラエルに太平を賜わった。
*しもべ モーセによって 仰せられた、良い約束は 皆、一つも たがわなかった。
*私たちの神が、先祖と 共におられたように、私たちと 共におられますように。
*私たちを離れず、私たちを見捨てられないように。
*私たちの心を 主に傾けて、主のすべての道に歩ませ、先祖に命じられた 命令を
守らせられるように。
*主の前に 私が述べた これらの願いの言葉が、日夜、私たちの神、主に覚えられますように。
*主が、日々の事で、しもべを助け、主の民を助けられますように。
*そうすれば、すべての民は、主が神であること、他に 神がいないことを 知るでしょう。
*それゆえ、あなたがたは、今日のように 私たちの神、主に対して、心は全く 真実であり、
主の定めに歩み、主の戒めを 守らなければならない。
posted by 主ノ歌姫 at 11:59| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 1列王記8章 ソロモンの祈り1

交読文 1列王記8章 ソロモンの祈り1 音声チェック済 by 主春 福音

*イスラエルの神、主よ、上の天にも 下の地にも、あなたのような神はありません。
*あなたは契約を守られ、心をつくして あなたの前を歩む しもべらに、慈しみを施されます。

*あなたは、しもべ ダビデに約束されたことを 成し遂げられました。
*『あなたが歩んだように、その子孫が 慎んで、わたしの前に歩むならば、あなたには、
イスラエルの位に座する人が、わたしの前に 欠けることは ない』と

*この約束を、ダビデのために 守ってください。
*しかし、神は、地上に 住まうでしょうか。天も、いと高き天も、あなたをお入れすることは、
できません。私が建てた この宮は、なおさらです。

*わが神、主よ、しもべの祈りと願いを顧みて、今、お聞きください。
*あなたが 『わたしの名を置く』と 言われた場所、この宮に いつも、あなたの目を
お開きください。私たちが、ここに向かって祈る祈りを お聞きください。

*あなたは、天で聞いて行い、あなたのしもべたちを裁き、悪人を罰して、義人を義として、
その行いの報いを、その人に報いてください。
*ききんや、どんな災害、どんな病気でも、あなたの民が、宮に向かって、手を伸べるなら、
どんな祈りや願いも、 お住まいの天で聞かれ 赦し、御業を行い、人の心を知っておられるゆえ、
すべての道にしたがって 報いてください。

*ただ、あなただけが、すべての人の心を 知っておられます。
私たちの生涯で、常に あなたを恐れさせてください。
*また、あなたに罪を犯して、天が閉ざされ、雨が降らず、あなたが 彼らを苦しめる時、彼らが
ここに向かって祈り、あなたを崇め、罪を離れるなら、あなたは天で聞かれ、民の罪を赦し、
彼らに歩むべき良い道を教えて、地に、雨を降らせてください。

*あなたの大いなる名と 強い御力を聞いて、遠くから異邦人が来て、宮に向かって祈るなら、
あなたは、お住まいの天で聞かれ、異邦人が 呼び求めることを 叶えてください。
*そうすれば、地のすべての民は、あなたの民のように あなたの名を知り、あなたを恐れ、
この宮が、あなたの名によって 呼ばれることを、知るでしょう。

*民が、あなたに罪を犯し、敵に敗れた時、あなたに立ち返って崇め、宮で 祈り願うなら、
あなたは 天で聞かれ、民の罪を赦して、先祖に賜わった地に、帰らせてください。
*民が、あなたに罪を犯し、敵の捕虜になった時、 捕囚の地で、省みて悔い、あなたに願い、
心をつくし、精神をつくして、あなたに立ち返り、宮の方に向かって 祈るなら、

*あなたの住まいの天で、祈りと願いを聞かれ、彼らを助け、民が犯したすべての罪と過ちを
赦し、捕囚の地で、人々の憐れみを得させてください。
*どうぞ、私たちの願いに あなたが目を開かれ、あなたを呼び求める時、願いを聞いてください。

**あなたは、私たちを、すべての民から 区別して、あなたの嗣業と されたからです。
posted by 主ノ歌姫 at 11:58| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 ソロモンへの祝福 第一列王記3:11-14

交読文 ソロモンへの祝福 第一列王記3:11-14

*神は、彼に言われた。
*「あなたは、この事を求めて、自分のために 長命や富、敵の命を求めず、
*ただ 訴えをききわける知恵を 求めたゆえに、わたしは、あなたの言葉にしたがって、賢い、英明な心を 与える。

*あなたの先にも 後にも、あなたに並ぶ者は 起こらないだろう。
 *わたしは また、あなたの求めないもの、富と誉れも与える。

*あなたの生きるかぎり、王たちのうちに、あなたに並ぶ者はないだろう。
*もし、あなたが、父ダビデが歩んだように、わたしの道に歩んで、わたしの定めと命令を守るなら、あなたの日を長くする。
posted by 主ノ歌姫 at 11:57| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 ダビデの最後の言葉 2サムエル23章

交読文 ダビデの最後の言葉 2サムエル23章 音声チェック済 by 主春 福音

*エッサイの子 ダビデの託宣、すなわち 高く挙げられた人、ヤコブの神に 油注がれた人、
イスラエルの良き歌びとの託宣。
*主の霊は 私によって語る、その言葉は 私の舌の上にある。

*イスラエルの神は 語られた、イスラエルの岩は 私に言われた、
*『人を正しく治める者、神を恐れて 治める者は、朝の光のように、雲のない朝に
輝き出る太陽のように、地に 若草を芽ばえさせる 雨のように、人に臨む』

*まことに、わが家は、そのように、神と共にある。
*それは、神が すべて備えられ 確かな永遠の契約を 私と結ばれたからだ。

**
どうして 彼は 私の救いと願いを、皆、成し遂げないことがあろうか。
しかし、よこしまな人は、手で取れない いばらのように、みな共に捨てられる。
それに触れる人は 鉄や、やりの柄で武装し、ことごとく それを火で焼く。
posted by 主ノ歌姫 at 11:56| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 ダビデの歌2 2サムエル記22章

交読文 ダビデの歌2 2サムエル記22章 音声チェック済 by 主春 福音

*主よ、あなたは 私の灯し火、わが神は 私の闇を 照らされる。
*あなたによって 私は 敵軍を踏み滅ぼし、わが神によって 石垣を 飛び越える。

*この神こそ、その道は非のうちどころがなく、主の約束は 真実である。
彼は すべて 寄り頼む者の盾である。
*主のほかに、だれが神か、われらの神のほか、だれが岩か。

*この神こそ 堅固な避け所であり、私の道を安全にされた。
*私の足を 雌鹿のようにして、高い所に安全に立たせ、私の手を 戦いに慣らされたので、
私の腕は 青銅の弓を 引ける。

*あなたは その救いの盾を 私に与え、あなたの助けは、私を大いなる者とされた。
*あなたは 私が歩く広い場所を 与えられたので、私の足は 滑らなかった。

*私は 敵を追って 滅ぼし、絶やすまで帰らなかった。
*あなたは 戦いのために、私に力を帯びさせ、私を攻める者を 私の下に かがませられた。

*あなたによって、敵は後ろを 私に向けたので、私を憎む者を 私は滅ぼした。
*彼らは見回したが、救う者は いなかった。彼らは 主に叫んだが、
彼らには 答えられなかった。

*あなたは 私を、国々の民の争いから救い出し、私を 諸国民の長とされた。
私の知らなかった民が 私に仕えた。
*主は 生きておられる。わが岩は ほむべきかな。わが神、わが救の岩は あがむべきかな。

*神は、私のために あだを報い、諸国民を 私の下に 置かれた。
*私を敵から救い出し、あだの上に 私を上げ、暴虐な人々から 私を救い出された。

*それゆえ、主よ、私は 諸国民の中で、あなたをたたえ、あなたの御名を ほめ歌うでしょう。
*主は その王に 大いなる勝利を与え、油を注がれた者に、ダビデと子孫に、
永遠に慈しみを施される。
posted by 主ノ歌姫 at 11:55| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 ダビデの歌1 2サムエル記22章

交読文 ダビデの歌1 2サムエル記22章 音声チェック済 by 主春 福音

*主は わが岩、わが城、私を救う者、わが神、わが岩。私は 彼に寄り頼む。
*わが盾、わが救いの角、わが高きやぐら、わが避け所、わが救い主。
あなたは 私を 暴虐から 救われる。

*私は、ほめまつるべき主に 呼ばわって、私の敵から 救われる。
*死の波が 私を とりまき、滅びの大水が 私を襲った。

*苦難の中で 主を呼び、わが神を 呼んだ。
*主が その宮から 私の声を聞かれて、私の叫びは その耳に 届いた。

*その時、地は震い動き、天の基は ゆるぎ 震えた。彼が 怒られたのだ。
*煙は その鼻から 立ち上り、火は その口から出て 焼きつくし、
白熱の炭は 彼から燃え出た。

*彼は 天を低くして下られ、暗闇が 彼の足の下にあった。
*彼は ケルブに乗って飛び、風の翼に乗って 現れた。

*彼は その周囲に、幕屋として、闇と濃い雲と水の集まりを 置かれた。
その御前の輝きから 炭火が燃え出た。
*主は 天から雷をとどろかせ、いと高き者は 声を出された。

*主のとがめと、その鼻のいぶきによって、海の底は あらわれ、
世界の基が、あらわになった。
*彼は 高き所から手を伸べて 私を捕え、大水の中から 私を引き上げ、私の強い敵と、
私を憎む者から 救われた。彼らは 私にとって、あまりにも強かったからだ。

*彼らは 私の災いの日に、私に 立ち向かった。しかし、主は 私の支えとなられた。
*彼は 私を 広い所へ引き出され、私を喜ばれて、救ってくださった。

*主は 私の義にしたがって報い、手の清さにしたがって 私に報い返された。
*それは、私が主の道を守り、悪を行わず、わが神から離れなかったからである。

*そのすべての掟は 前にあって、私は み定めを離れたことがない。
*それゆえ、主は 私の義にしたがい、その目の前に、私の清さにしたがって、
私に報いられた。

*あなたは、忠実な者には忠実な方、欠けのない人には 欠けのない方、
清い者には 清い方、曲がった者には、頑固な方となられる。
*あなたは へりくだる民を救われる。しかし、あなたの目は 高ぶる者を見て
これを低くされる。
posted by 主ノ歌姫 at 11:54| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 ダビデの忠誠 1サムエル記26章

交読文 ダビデの忠誠 1サムエル記26章

*王、わが君、どうぞ 今、しもべの言葉を聞いてください。
*もし、主が、あなたを動かして、敵とされたのなら、どうぞ、主が 供え物を受けて、和らいでくださるように。

*もし、それが人であるなら、その人々が、主の前に 呪いを受けるように。
*彼らが『おまえは行って、他の神々に 仕えなさい』と言って、私を追い出し、主の嗣業に あずかれないようにしたからです。

*主は、人それぞれに、その義と真実に従って 報いられます。
*主が、今日、あなたを渡されたのに、私は、主が油注がれた者に、手を出しませんでした。

*今日、私が、あなたの命を重んじたように、どうぞ、主が、私の命を重んじて、さまざまな苦難から救い出されるように。
*サウルは、ダビデに言った。

**
「わが子ダビデ、あなたは ほむべきかな。あなたは 多くの事を行って、なし遂げるだろう」
こうして、ダビデは その道を行き、サウルは 自分の所へ帰った。
posted by 主ノ歌姫 at 11:53| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 ゴリアテへの勝利宣言 1サムエル記17:45-47

交読文 ゴリアテへの勝利宣言 1サムエル記17:45-47

*ダビデは、ペリシテ人に言った。
*「おまえは、剣、槍、投げ槍で 向かってくるが、私は、万軍の主の名、すなわち、おまえが挑んだ イスラエル軍の神の名によって、立ち向かう。

*今、主は、おまえを 私に渡される。
*私は、おまえを撃って、ペリシテ人の軍勢を、今日、鳥や獣のえじきとし、イスラエルに 神がおられることを、全地に知らせよう。

*全会衆は、主は 救うのに、剣や槍を用いないことを 知る。
*この戦いは 主の戦いで、主が、我々に おまえたちを渡される。
posted by 主ノ歌姫 at 11:52| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする