2015年04月01日

交読文 天地創造

交読文 天地創造 音声チェック済 by 主春 福音

*はじめに、神は 天と地を創造された。
地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が 水のおもてを おおっていた。
*神は「光あれ」と言われた。すると 光があった。 神は 光を昼、やみを夜と 名づけられた。
夕になり、朝になった。第一日。

*「水の間に おおぞらがあって、水と水を分けよ」
神は そのおおぞらを 天と名づけられた。夕になり、朝になった。第二日。

*「天の下の水は 一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」
神は、そのかわいた地を 陸、水の集まった所を 海と名づけられた。神は見て、良しとされた。
*「地は青草、種のある草、種類ごとに 種のある実を結ぶ果樹を 地の上に はえさせよ」
 地は青草と、種類ごとに種のある草と、種のある実を結ぶ木を はえさせた。
神は見て、良しとされた。 夕になり、朝になった。第三日。

*「天のおおぞらに 光があって 昼と夜を分け、しるし、季節、日、年のためになり、
天のおおぞらで 地を照らす光となれ」
*神は 二つの大きな光を造り、大きい光に 昼、小さい光に 夜をつかさどらせ、
また 星を造られた。神は見て、良しとされた。 夕になり、朝になった。第四日。

*「水は 生き物の群れで 満ち、鳥は地上、天のおおぞらを 飛べ」
神は見て、良しとされた。 神は これらを祝福して 言われた、
*「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また 鳥は 地に ふえよ」
夕になり、朝になった。第五日。

*「地は 生き物を 種類ごとに いだせ。家畜、這うもの、地の獣を 種類ごとに いだせ」
神は見て、良しとされた。
*「われらのかたちに、われらにかたどって 人を造り、海の魚、空の鳥、家畜、
地のすべての獣と 這うものを 治めさせよう」
*神は 自分のかたちに 人を創造された。神のかたちに創造し、男と女に 創造された。
神は 彼らを祝福した、
*「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地に動く すべての生き物を
治めよ。わたしは 全地のおもてにある すべての種のある草と、種のある実がなる木を 
あなたがたに与える。これは あなたがたの食物となる。すべての地の獣、空の鳥、
地を這うもの、すなわち 命あるものに食物として、すべての青草を与える」
*そのようになった。 神が、造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。
夕になり、朝になった。第六日。
**
神は、第七日に その作業を 終えられた。すなわち、そのすべての作業を 終って、
第七日に 休まれた。神は 第七日を祝福して、聖別された。神がこの日に、
すべての創造のわざを終って 休まれたからである。
posted by 主ノ歌姫 at 16:07| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 エデンからの追放

・交読文 エデンからの追放 音声チェック済 by 主春 福音

*主なる神は 人に呼びかけて 言われた、「あなたは どこに いるのか」
*彼は答えた、「園の中で あなたが歩かれる音を聞き、私は裸だったので、恐れて
身を隠したのです」

*神は言われた、「あなたが裸であるのを、だれが知らせたのか。食べるなと、命じておいた
木から、あなたは食べたのか」
*人は答えた、「私と一緒にしてくださった あの女が、木から取ってくれたので、
私は食べました」

*そこで 主なる神は 女に言われた、「あなたは、なんということをしたのです」
*女は答えた、「蛇が 私をだましたのです。それで 私は食べました」

*主なる神は 蛇に言われた、
「おまえは、この事をしたので、すべての家畜、野の獣のうち、最も呪われる。
おまえは腹で、這いあるき、一生、ちりを食べる。
*わたしは 恨みをおく、おまえと 女の あいだに、おまえのすえと 女のすえの間に。
彼は おまえのかしらを砕き、おまえは 彼のかかとを 砕く」
*つぎに 女に言われた、
「わたしは あなたの産みの苦しみを 大いに増す。あなたは 苦しんで 子を産む。
それでも なお、あなたは 夫を慕い、彼は あなたを 治める」

*更に 人に言われた、
「あなたが 妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から 取って食べたので、
地は あなたのために呪われ、あなたは一生、苦しんで 地から食物を取る。
*地は あなたのために、いばらとあざみを生じ、あなたは 野の草を 食べるであろう。
あなたは 顔に汗して パンを食べ、ついに 土に帰る、あなたは 土から取られたのだから。
あなたは、ちりだから、ちりに帰る」

*さて、人は その妻の名を エバと名づけた。彼女が すべて生きた者の母だからである。
主なる神は 人とその妻のために 皮の着物を造って、彼らに着せられた。
*主なる神は 言われた、
「見よ、人は われわれのひとりのようになり、善悪を知る者になった。彼は 手を伸べ、
命の木からも 取って食べ、永久に 生きるかも知れない」
*そこで 主なる神は 彼を エデンの園から追い出して、人が造られたその土を 耕させられた。
神は 人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎の剣を置いて、
命の木の道を 守らせた。
posted by 主ノ歌姫 at 16:22| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

交読文 出エジプト記15章

交読文 出エジプト記15章 葦の海での勝利の歌 音声チェック済 by 主春 福音

*主に向かって 私は歌おう。主は 輝かしく 勝利を得られた、
主は 馬と乗り手を 海に投げ込まれた。主は 私の力 また 歌、私の救いとなられた、
*彼こそ 私の神、私は 彼をたたえる、彼は 私の父の神、私は 彼をあがめる。
主は いくさびと、その名は 主。

*彼は パロの戦車と その軍勢を 海に投げ込まれた、
そのすぐれた指揮者たちは 葦の海に沈んだ。
*主よ、あなたの右の手は 力をもって 栄光に輝く、主よ、あなたの右の手は 敵を打ち砕く。

*あなたは 大いなる威光をもって、あなたに立ち向かう者を 打ち破られた。
*あなたが怒りを発せられると、彼らは、わらのように焼きつくされた。

*あなたの鼻の息によって 水は積みかさなり、大水は 海の真ん中に 凝り固まった。
*あなたが 息を吹かれると、海は彼らをおおい、彼らは 大水の中に沈んだ。

*主よ、神々のうち、だれが あなたに比べられようか、だれが あなたのように、聖にして
栄えあるもの、ほむべくして 恐るべきもの、くすしきわざを 行う存在であろうか。
*あなたは、あがなわれた民を 恵みをもって導き、御力をもって、
あなたの聖なる住まいに 伴われた。

*もろもろの民は 聞いて震え、ペリシテの住民は 苦しみに襲われた。
エドムの族長は、おどろき、モアブの首長は、わななき、カナンの住民は、みな溶け去った。
*恐れと、おののきが彼らに臨み、御腕の大いなるゆえに、彼らは 石のように黙した、
主よ、あなたの民が通りすぎるまで、あなたが買いとられた民が通りすぎるまで。

*あなたは 彼らを導いて、あなたの嗣業の山に 植えられる。
*主よ、これこそ あなたの住まいとして、みずから造られた所、
主よ、御手によって 建てられた聖所。
**
主は 永遠に 統べ治められる。
posted by 主ノ歌姫 at 20:57| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

交読文 申命記32章 モーセの歌

交読文 申命記32章 モーセの歌

*天よ、耳を傾けよ、わたしは語る、地よ、わたしの言葉を 聞け。
*わたしの教えは 雨のように降り注ぎ、わたしの言葉は 露のように したたる。
*若草の上に降る 小雨のように、青草の上にくだる 夕立ちのように。
*わたしは 主の名をのべよう、われわれの神に 栄光を帰せよ。
*主は 岩であって、そのみわざは全く、その道は みな 正しい。
*主は 真実な神であって、偽りがなく、正しく、義である。

*愚かな知恵のない民よ、あなたがたは このようにして 主に報いるのか。
主は あなたを生み、あなたを造り、あなたを堅く立てられた あなたの父ではないか。
*いにしえの日を覚え、代々の年を思え。あなたの父に問え、彼は あなたに告げる。
長老たちに問え、彼らは あなたに語る。

*いと高き者は 人の子らを分け、諸国民に 嗣業を与えられた時、イスラエルの子らの数に
照して、諸国民の境を 定められた。主の分は その民で、ヤコブは その定められた嗣業である。
*主は これを荒野で見い出し、獣の吠える荒れ地で会い、巡り囲んで いたわり、
瞳のように 守られた。
*ワシが 巣のヒナを呼び起し、子の上に舞いかけり、羽を広げて、彼らを乗せ、翼の上に
負うように、主は おひとりで 彼を導かれて、他の神々は いない。
*主は 彼に 地の高き所を乗り通らせ、田畑の産物を食べさせ、岩から蜜を吸わせ、
堅い岩から油を吸わせ、牛の凝乳、羊の乳、小羊と雄羊の脂肪、バシャンの牛と雄やぎ、
小麦の良い物を食べさせた。
*また あなたは ぶどうの汁の 泡立つ酒を飲んだ。すると エシュルンは肥え太って、
足でけった。あなたは 肥え太って、つややかになり、自分を造った神を捨て、救いの岩を侮った。
*主は ついに 民を裁き、しもべらに 憐れみを加えられる。
これは 彼らの力が去り、つながれた者も つながれない者も、もう いないのを、
主が見られるからである。

*その時 主は 言われる、「彼らの神々は どこにいるか、彼らの頼みとした岩は どこか。」
*今 見よ、わたしこそは 神である。わたしの他に 神は 存在しない。
わたしは殺し、また 生かし、傷つけ、また いやす。わたしから 救い出せるものは無い。
*わたしは 天に向かい 手をあげて誓う、「わたしは 永遠である。」
*わたしが きらめく つるぎをとぎ、裁きを握る時、わたしは 敵にあだを返し、
わたしを憎む者に 報復する。
**
国々の民よ、主の民のために 喜び歌え。
主は そのしもべの血のために報復し、その敵に あだを返し、その民の地の汚れを清められる。
posted by 主ノ歌姫 at 14:58| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

交読文 モーセによるエシュルンの祝福 申命記33章

交読文 モーセによるエシュルンの祝福 申命記33章
※補足説明・・エシュルン(神から見て正しい者の意味。イスラエルの別の呼び名。)

*主は シナイから来られ、セイルから我々に向かってのぼられ、パランの山から 光を放たれ、
無数の聖者の中から 来られた。その右の手には 燃える火があった。
*まことに 主は 民を愛される。すべて 主に聖別されたものは、御手のうちにある。
彼らは あなたの足元に座して、教を受ける。

*モーセは 我々に律法を授けて、ヤコブの会衆の所有とさせた。
*民の長たちが集まり、イスラエルの部族が みな集まった時、主は エシュルンのうちに
王となられた。

*ルベンは生きる、死にはしない。しかし、その人数は 少なくなる。
*ユダについて言った、
「主よ、ユダの声を聞いて、彼を その民に導きかえしてください。御手をもって、
彼のために戦ってください。彼を助けて、敵に当らせてください」

*レビについて言った、
「あなたのトンミムを レビに与えてください。ウリムを あなたに仕える人に 与えてください。
*主よ、彼の力を祝福し、彼の手のわざを 喜び受けてください。彼に逆らう者、憎む者の腰を
打ち砕いて、立ち上がれないようにしてください」

*ベニヤミンについて言った、
「主に愛される者、安らかに主のそばにおり、主は終日、彼を守り、その肩の間に
住まいを営まれる」
*ヨセフについて言った、
「どうぞ 主が 彼の地を 祝福されるように。上なる天の賜物と露、下に横たわる淵の賜物、
日によって産する尊い賜物、月によって生じる尊い賜物、いにしえの山々の産する賜物、
とこしえの丘の尊い賜物、地とそれに満ちる尊い賜物、柴の中におられた御方の恵みが、
ヨセフの頭に臨み、その兄弟たちの君の頭に くだるように」

*ゼブルンについて言った、
「ゼブルンよ、外に出て 楽しみを得よ。イッサカルよ、天幕にいて 楽しみを得よ。
*彼らは 国々の民を 山に招き、その所で 正しい犠牲をささげる。
彼らは 海の富を吸い、砂に隠れた宝を 取る」

*ガドについて言った、
「ガドを大きくする者は、ほむべきかな。ガドは、ししのように伏し、腕や頭の頂をかき裂く。
*彼は 初穂の地を 自分のために選んだ。そこには 将軍の分も 取り置かれていた。
彼は 民の長たちと共に来て、イスラエルと共に 主の正義と審判を行った」

*ダンについて言った、
「ダンは ししの子、バシャンから おどりでる」
*ナフタリについて言った、
「ナフタリよ、あなたは恵みに満たされ、主の祝福に満ちて、湖と南の地を所有する」

*アセルについて言った、
「アセルは 他の子らにまさって祝福される。彼は その兄弟たちに愛せられ、その足を 油に
ひたせるように。貫の木は 鉄と青銅、あなたの力は あなたの年と共に 続く」

*「エシュルンよ、神に並ぶ者は ほかにない。あなたを助けるために 天に乗り、威光をもって
空を通られる。とこしえにいます神は あなたの住まいであり、下には 永遠の腕がある。
*敵を あなたの前から追い払って、『滅ぼせ』と言われた。
イスラエルは 安らかに住み、ヤコブの泉は 穀物とぶどう酒の地に、ひとりいる。
また 天は 露をくだす。

*イスラエルよ、あなたは 幸せだ。だれが あなたのように、主に救われた民が あるか。
**
主は あなたを助ける盾、あなたの威光のつるぎ、あなたの敵は へつらい服し、
あなたは 彼らの高き所を 踏み進む。
posted by 主ノ歌姫 at 16:57| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 士師記5章 デボラたちの歌

交読文 士師記5章 デボラたちの歌

*イスラエルの指導者たちは 先に立ち、民は 喜び勇んで 進み出た。主を 賛美せよ。
*諸国の王よ 聞け、諸国の君よ、耳を傾けよ。

*私は 主に向かって歌おう、私は イスラエルの神、主を ほめたたえよう。
*主よ、あなたが セイルを出、エドムの地から 進まれた時、地は震い、天は したたり、
雲は 水を したたらせた。
*もろもろの山は 主の前に揺り動き、シナイの主、イスラエルの神、主の前に 揺り動いた。
*私の心は 民の中の 喜び勇んで進み出た イスラエルの司たちと 共にある。主を 賛美せよ。

*茶色のろばに乗る者、毛織物の上に座る者、道を歩く者よ、共に歌え。
*曲の調べは 水を汲む所に聞える。彼らは そこで 主の救いを唱え、イスラエルの農民の
救いを 唱えている。その時、主の民は 門に出て行った。

*その時、残った者は 尊い者のように出て行き、主の民は 勇士のように出て行った。
*諸国の王たちは 来て 戦った。その時 カナンの王たちは、メギドの水のほとりの
タアナクで 戦った。彼らは 一片の銀も 獲なかった。
*もろもろの星は 天より戦い、その軌道を離れて シセラと戦った。
*キションの川は 彼らを押し流した。激しく流れる川、キションの川。わが魂よ、勇ましく進め。
*その時、軍馬は はせ駆けり、馬のひずめは 地を踏み鳴らした。
*主の使は 言った、『メロズを呪え、激しく その民を呪え、彼らは来て 主を助けず、
主を助けて 勇士を攻めなかったから』
**
主よ、あなたの敵は みな このように滅び、
あなたを愛する者を 太陽が勢いよく 上るようにしてください。
posted by 主ノ歌姫 at 19:05| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 1サムエル2章 ハンナの祈り

交読文 1サムエル2章 ハンナの祈り

*私の心は 主によって喜び、私の力は 主によって強められた、
*私の口は 敵に笑う、あなたの救いによって 私は楽しむからである。
*主のように 聖なる御方は いない、あなたの他に、だれもいない、
我々の神のような岩は いない。
*あなたがたは重ねて 高慢に語ってはならない、高ぶりを 話することを やめよ。
*主は すべてを知る神で、さまざまな行いは 主によって 量られる。

*勇士の弓は 折れ、弱き者は 力を帯びる。
*飽き足りた者は 食べ物のために雇われ、飢えた者は、もう飢えることが ない。
*子を産まない女は 七人の子を産み、多くの子がいる女は 孤独になる。
*主は殺し、また 生かし、陰府に下し、また 上げられる。
*主は貧しくし、また 富ませ、低くし、また 高くされる。
*貧しい者を、ちりから立ち上がらせ、乏しい者を、くずの中から引き上げ、
貴族と共に座らせ、栄誉の位を継がせられる。
*地の柱は 主のもので、その柱の上に、世界を 据えられたからである。
*主は その聖徒たちの足を 守られる、しかし 悪い者どもは 暗黒のうちに滅びる。
*人は 力をもって 勝つことができないからである。

**
主と争う者は 粉々に砕かれる、主は 彼らに向かって 天から雷をとどろかし、
地の果てまでも裁き、王に力を与え、油注がれた者の力を 強くされる。
posted by 主ノ歌姫 at 19:06| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

交読文 2サムエル記22章 ダビデの歌1



*主は わが岩、わが城、私を救う者、わが神、わが岩。私は 彼に寄り頼む。
*わが盾、わが救いの角、わが高きやぐら、わが避け所、わが救い主。
あなたは 私を 暴虐から 救われる。

*私は、ほめまつるべき主に 呼ばわって、私の敵から 救われる。
*死の波が 私を とりまき、滅びの大水が 私を襲った。
*苦難の中で 主を呼び、わが神を 呼んだ。
*主が その宮から 私の声を聞かれて、私の叫びは その耳に 届いた。

*その時、地は震い動き、天の基は ゆるぎ 震えた。彼が 怒られたのだ。
*煙は その鼻から 立ち上り、火は その口から出て 焼きつくし、
白熱の炭は 彼から燃え出た。
*彼は 天を低くして下られ、暗闇が 彼の足の下にあった。
*彼は ケルブに乗って飛び、風の翼に乗って 現れた。
*彼は その周囲に、幕屋として、闇と濃い雲と水の集まりを 置かれた。
その御前の輝きから 炭火が燃え出た。
*主は 天から雷をとどろかせ、いと高き者は 声を出された。
*主のとがめと、その鼻のいぶきによって、海の底は あらわれ、
世界の基が、あらわになった。

*彼は 高き所から手を伸べて 私を捕え、大水の中から 私を引き上げ、私の強い敵と、
私を憎む者から 救われた。彼らは 私にとって、あまりにも強かったからだ。
*彼らは 私の災いの日に、私に 立ち向かった。しかし、主は 私の支えとなられた。
*彼は 私を 広い所へ引き出され、私を喜ばれて、救ってくださった。
*主は 私の義にしたがって報い、手の清さにしたがって 私に報い返された。
*それは、私が主の道を守り、悪を行わず、わが神から離れなかったからである。
*そのすべての掟は 前にあって、私は み定めを離れたことがない。
*それゆえ、主は 私の義にしたがい、その目の前に、私の清さにしたがって、
私に報いられた。

*あなたは、忠実な者には忠実な方、欠けのない人には 欠けのない方、
清い者には 清い方、曲がった者には、頑固な方となられる。
*あなたは へりくだる民を救われる。しかし、あなたの目は 高ぶる者を見て
これを低くされる。
posted by 主ノ歌姫 at 17:40| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交読文 2サムエル記22章 ダビデの歌2

交読文 2サムエル記22章 ダビデの歌2

*主よ、あなたは 私の灯し火、わが神は 私の闇を 照らされる。
*あなたによって 私は 敵軍を踏み滅ぼし、わが神によって 石垣を 飛び越える。
*この神こそ、その道は非のうちどころがなく、主の約束は 真実である。
彼は すべて 寄り頼む者の盾である。
*主のほかに、だれが神か、われらの神のほか、だれが岩か。

*この神こそ 堅固な避け所であり、私の道を安全にされた。
*私の足を 雌鹿のようにして、高い所に安全に立たせ、私の手を 戦いに慣らされたので、
私の腕は 青銅の弓を 引ける。
*あなたは その救いの盾を 私に与え、あなたの助けは、私を大いなる者とされた。
*あなたは 私が歩く広い場所を 与えられたので、私の足は 滑らなかった。
*私は 敵を追って 滅ぼし、絶やすまで帰らなかった。
*あなたは 戦いのために、私に力を帯びさせ、私を攻める者を 私の下に かがませられた。
*あなたによって、敵は後ろを 私に向けたので、私を憎む者を 私は滅ぼした。
*彼らは見回したが、救う者は いなかった。彼らは 主に叫んだが、
彼らには 答えられなかった。
*あなたは 私を、国々の民の争いから救い出し、私を 諸国民の長とされた。
私の知らなかった民が 私に仕えた。

*主は 生きておられる。わが岩は ほむべきかな。わが神、わが救の岩は あがむべきかな。
*神は、私のために あだを報い、諸国民を 私の下に 置かれた。
*私を敵から救い出し、あだの上に 私を上げ、暴虐な人々から 私を救い出された。
*それゆえ、主よ、私は 諸国民の中で、あなたをたたえ、あなたの御名を ほめ歌うでしょう。
*主は その王に 大いなる勝利を与え、油を注がれた者に、ダビデと子孫に、
永遠に慈しみを施される。
posted by 主ノ歌姫 at 17:41| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

交読文 2サムエル23章 ダビデの最後の言葉

交読文 2サムエル23章 ダビデの最後の言葉 音声チェック済 by 主春 福音

*エッサイの子 ダビデの託宣、すなわち 高く挙げられた人、ヤコブの神に 油注がれた人、
イスラエルの良き歌びとの託宣。
*主の霊は 私によって語る、その言葉は 私の舌の上にある。

*イスラエルの神は 語られた、イスラエルの岩は 私に言われた、
*『人を正しく治める者、神を恐れて 治める者は、朝の光のように、雲のない朝に
輝き出る太陽のように、地に 若草を芽ばえさせる 雨のように、人に臨む』
*まことに、わが家は、そのように、神と共にある。
*それは、神が すべて備えられ 確かな永遠の契約を 私と結ばれたからだ。
*どうして 彼は 私の救いと願いを、皆、成し遂げないことがあろうか。
しかし、よこしまな人は、手で取れない いばらのように、みな共に捨てられる。
それに触れる人は 鉄や、やりの柄で武装し、ことごとく それを火で焼く。
posted by 主ノ歌姫 at 16:04| 交読文【旧約】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする