2017年04月21日

交読文 1歴代志17章 ダビデの契約の祈り

交読文 1歴代志17章 ダビデの契約の祈り 音声チェック済 by 主春 福音

*主なる神よ。私がだれ、私の家が何であるので、これまで、私を導かれましたか。
*神よ、これは あなたの目には、小さな事です。あなたは、しもべの家について、
はるか後の事を語って、きたるべき代々のことを示されました。

*名誉について、この上、何を申せましょう。あなたは、しもべをご存知です。
*主よ、あなたは しもべのために、御心にしたがって、さまざまな大いなる事をされ、
すべての大いなる事を 知らされました。

*主よ、私たちが 聞いた所によれば、あなたのような方はなく、他に、神は おりません。
*地上のどの国民が、あなたの民イスラエルのようでしょう。

*神が、御自分のためにあがなって 民とし、エジプトから あがない出し、
国々の民を追い払い、大いなる恐るべき事を行って、名声を得られました。
*あなたは、イスラエルを長く、あなたの民とされました。

*主よ、あなたは、彼らの神となられました。
*それゆえ、主よ。あなたが、しもべと、しもべの家について語られた言葉を 長く 堅くして、
そのとおりにしてください。

*そうすれば、あなたの名は、永遠に堅くされ、崇められ、『イスラエルの神、万軍の主は、
イスラエルの神である』と言われ、しもべ ダビデの家は、あなたの前に 堅く立つでしょう。
*わが神よ。あなたは、彼のために家を建てると、しもべに示されました。
それゆえ、しもべは、御前に祈る勇気を得ました。

*主よ、あなたは神であられ、良い事を 約束してくださいました。
*それゆえ、どうぞ、今、しもべの家を祝福し、あなたの前に 長く続かせてください。

**
主よ、あなたが祝福されるものは、長く祝福を受けます。
posted by 主ノ歌姫 at 11:51| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする