2017年04月21日

交読文 1歴代志16章 アサフたちの感謝

交読文 1歴代志16章 アサフたちの感謝 音声チェック済 by 主春 福音

*主に感謝し、御名を呼び、御業を、諸国民の中に 知らせよ。
*主に歌え、主をほめ歌え。さまざまな くすしい御業を語れ。
*その聖なる 御名を誇れ。どうか、主を求める者の心が、喜ぶように。
*主と 御力を、求めよ。つねに、その御顔を たずねよ。
*そのしもべ アブラハムのすえよ、その選ばれた ヤコブの子らよ。
*主が行われた くすしい御業と、奇跡と、御口の裁きを 心にとめよ。
*彼は、われわれの神、主。その裁きは、全地にある。
*主は、永遠に、契約を 御心に とめられる。
*これは、よろずよに命じられた 御言葉であり、アブラハムと結ばれた契約、
イサクに誓われた約束である。
*主は、これを堅く立てて、ヤコブの定めとし、イスラエルの永遠の契約として、言われた。
「カナンの地を与えて、あなたがたの受ける嗣業の分け前とする」と。
*彼らの数は少なく、数えるに足らず、かの国で旅人となり、国から国へ行き、この国から
ほかの民へ行った。
*主は、彼らが虐げられるのを ゆるさず、彼らのために、王たちを懲しめて、言われた。
「わが油注がれた者たちに、触るな。わが預言者たちに、害を加えるな」と。

*全地よ、主に歌え。日ごとに、その救いを宣べ伝えよ。
*諸国の中に、栄光をあらわし、諸国民の中に、くすしい御業を あらわせ。
*主は、大いなる御方、ほめたたえられるべき方、他の神にまさって、恐るべき方。
*諸国民のすべての神は、むなしい。しかし、主は、天を造られた。
*誉れと威厳は、御前にあり、力と喜びは、聖所にある。
*諸国民よ、主に帰せよ、栄光と力を、主に帰せよ。御名に ふさわしい栄光を、主に帰せよ。
*供え物を携えて、主の御前に来たれ。聖なる装いで、主を拝め。
*全地よ、御前に おののけ。世界は 堅く立って、動かない。
*天は喜び、地は楽しみ、諸国民の中で言え。「主は、王である」
*海と その中に満ちるものは、鳴りどよめき、田畑と その中の物は、喜べ。
*その時、林のさまざまな木も、主の御前に喜び歌う。主は、地を裁くために 来られるから。

*主に感謝せよ、主は恵み深く、慈しみは、永遠に絶えない。
*私たちの救いの神よ。私たちを救い、諸国民から、私たちを集めて、お救いください。
*そうすれば、あなたの聖なる御名に 感謝し、あなたの誉れを 誇るでしょう。
*イスラエルの神、主は、永遠から永遠まで ほむべきかな。
**アァメン
posted by 主ノ歌姫 at 11:50| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする