2017年04月14日

交読文 主の軍勢 2列王記6:15-18

交読文 主の軍勢 2列王記6:15-18 音声チェック済 by 主春 福音

*神の人の召使いが 朝早く起きて出て見ると、
*馬と戦車の軍勢が 町を囲んでいたので、若者は エリシャに言った。

*「ああ、わが主よ、わたしたちは どうしましょうか。」
*エリシャは言った、「恐れることはない。我々と共にいる者は、彼らと共にいる者よりも 多いのだから。」

*エリシャが祈って、「主よ、どうぞ、彼の目を開いて、見させてください」と言うと、主は、若者の目を開かれた。
*彼が見ると、火の馬と 火の戦車が 山に満ちて、エリシャのまわりにあった。

*スリヤびとが エリシャの所に下ってきた時、エリシャは、主に祈って言った。
*「どうぞ、この人々の目を、くらましてください。」

**
すると、エリシャの言葉のとおりに、彼らの目を くらまされた。
posted by 主ノ歌姫 at 12:02| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする