2017年04月14日

交読文 ダビデの忠誠 1サムエル記26章

交読文 ダビデの忠誠 1サムエル記26章

*王、わが君、どうぞ 今、しもべの言葉を聞いてください。
*もし、主が、あなたを動かして、敵とされたのなら、どうぞ、主が 供え物を受けて、和らいでくださるように。

*もし、それが人であるなら、その人々が、主の前に 呪いを受けるように。
*彼らが『おまえは行って、他の神々に 仕えなさい』と言って、私を追い出し、主の嗣業に あずかれないようにしたからです。

*主は、人それぞれに、その義と真実に従って 報いられます。
*主が、今日、あなたを渡されたのに、私は、主が油注がれた者に、手を出しませんでした。

*今日、私が、あなたの命を重んじたように、どうぞ、主が、私の命を重んじて、さまざまな苦難から救い出されるように。
*サウルは、ダビデに言った。

**
「わが子ダビデ、あなたは ほむべきかな。あなたは 多くの事を行って、なし遂げるだろう」
こうして、ダビデは その道を行き、サウルは 自分の所へ帰った。
posted by 主ノ歌姫 at 11:53| 交読文 旧約聖書 創世記〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする