2015年06月19日

聖書のあらすじ レベル1 【要約聖書】

聖書のあらすじ レベル1 
・旧約聖書  
神による世界の創造から、
「アブラハムの子孫を大いに増やし土地を与える」という、神とアブラハムとの約束の成就、
その子孫であるイスラエル民族の歴史の話。
・新約聖書  
旧約で預言されていた、神の救い主イエス様が到来し、十字架刑で死に、3日後に復活します。
これを、自分の罪のための身代わり、あがないだと信じる者は神の御前で救われ、永遠の命を与えられます。
この知らせを託した、弟子たちによる宣教、
そして、今の天地は滅び、救われた人には新しい世界の到来、
救われていない人は永遠に火で焼かれる刑罰の滅びが来るという終末預言があります。



・文末変更版

 こちらは、「救われていない人は永遠に火で焼かれる刑罰の滅びが来るという終末預言があります。」を、
「救われていない人は、永遠に火で焼かれてしまう・・という終末預言があります。」に変更したものです。

 前者の文章だと、なんだか、「神が、火で焼きたがっている、刑罰を下したがっている」ような印象を与えてしまうので。・・そういえば、私自身も気づいてなかったけれど、キリスト教って、そういう印象を与えるような言い回しが多いですね。
 そうではなくて、そうなるのを防ぐため、イエス様の十字架の代価があるわけです。永遠の火の滅びから救いたい!という。ちょっとそういうのを意識してみた文面ですが・・。短い文の中なので、あまり変わらないかも・・。
posted by 主ノ歌姫 at 19:06| 聖書のあらすじ【要約聖書】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする