2015年04月01日

交読文 天地創造

交読文 天地創造 音声チェック済 by 主春 福音

*はじめに、神は 天と地を創造された。
地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が 水のおもてを おおっていた。
*神は「光あれ」と言われた。すると 光があった。 神は 光を昼、やみを夜と 名づけられた。
夕になり、朝になった。第一日。

*「水の間に おおぞらがあって、水と水を分けよ」
神は そのおおぞらを 天と名づけられた。夕になり、朝になった。第二日。
*「天の下の水は 一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」
神は、そのかわいた地を 陸、水の集まった所を 海と名づけられた。神は見て、良しとされた。

*「地は青草、種のある草、種類ごとに 種のある実を結ぶ果樹を 地の上に はえさせよ」
 地は青草と、種類ごとに種のある草と、種のある実を結ぶ木を はえさせた。
神は見て、良しとされた。 夕になり、朝になった。第三日。
*「天のおおぞらに 光があって 昼と夜を分け、しるし、季節、日、年のためになり、
天のおおぞらで 地を照らす光となれ」

*神は 二つの大きな光を造り、大きい光に 昼、小さい光に 夜をつかさどらせ、
また 星を造られた。神は見て、良しとされた。 夕になり、朝になった。第四日。
*「水は 生き物の群れで 満ち、鳥は地上、天のおおぞらを 飛べ」
神は見て、良しとされた。 神は これらを祝福して 言われた、

*「生めよ、ふえよ、海の水に満ちよ、また 鳥は 地に ふえよ」
夕になり、朝になった。第五日。
*「地は 生き物を 種類ごとに いだせ。家畜、這うもの、地の獣を 種類ごとに いだせ」
神は見て、良しとされた。

*「われらのかたちに、われらにかたどって 人を造り、海の魚、空の鳥、家畜、
地のすべての獣と 這うものを 治めさせよう」
*神は 自分のかたちに 人を創造された。神のかたちに創造し、男と女に 創造された。
神は 彼らを祝福した、

*「生めよ、増えよ、地に満ちよ、地を従わせよ。海の魚、空の鳥、地に動く すべての生き物を治めよ。
*わたしは、全地の表にある すべての種ある草と、実がなる木を、あなたがたに与える。
これは、あなたがたの食物となる。すべての地の獣、空の鳥、地を這うもの、すなわち、
命あるものに食物として、すべての青草を与える」

*そのようになった。神が、造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕になり、朝になった。第六日。
*神は、第七日に その作業を 終えられた。すなわち、そのすべての作業を 終わって、第七日に、休まれた。

**
神は、第七日を祝福して、聖別された。神がこの日に、すべての創造のわざを終わって、休まれたからである。
posted by 主ノ歌姫 at 16:07| 交読文 旧約聖書 創世記〜ルツ記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする