2014年08月03日

初歩異言


初歩異言で舌が絡む段階の異言です。
言葉の異言を言うにも、まず、舌が絡むことが基本ですので、これができないと異言が語れないです。
初歩異言ができる人は、すぐにでも言語化するはずです。きっかけ・・というか、気付きさえあれば。

多くの人が、初歩の赤ちゃん言葉の異言が異言だと教えられているので、それで満足してしまい、先を求めないので、この反復するだけの異言にとどまってしまってます。
もっとハングリーになって、先を求める・・または少し気付くだけで、瞬間で言葉になります。
posted by 主ノ歌姫 at 18:28| 異言音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする