2014年08月03日

初歩異言と言葉の異言



前半は、初歩の異言、異言の赤ちゃん言葉と言われている段階のものです。舌が巻くだけで、言語化できてない状態です。
後半は、言葉の異言です。外国語のような異言で、聖書に書かれているのは、こちらの状態の異言です。

言葉の異言をもらっている場合、初歩異言を言わなくても、初めから言語化異言で語れますが、今回は、あえて、違いを説明するために、前半を赤ちゃん異言、後半を言語の異言で言ってもらいました。

1コリ14:19
教会では、異言で一万語話すよりは、ほかの人を教えるために、私の知性を用いて五つのことばを話したいのです。
posted by 主ノ歌姫 at 18:14| 異言音声 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする